公園紹介
黒羽城址公園全景
公園名

黒羽城址公園

(くろばねじょうしこうえん)
公園住所 栃木県大田原市前田977
駐車場 無料駐車場あり
アクセス(電車)
  • JR東北本線 那須塩原駅 約13.9km ※バスあり
  • JR東北本線 西那須野駅 約14.3km
アクセス(車)
  • 東北自動車道 黒磯板室I.C 約20.4km
備考

黒羽城址公園概要

栃木県大田原市にある黒羽城址公園(くろばねじょうしこうえん)は那珂川を眼下に望む大田原市前田にある黒羽城の跡地に整備された公園です。

園内にはソメイヨシノを中心に約100本の桜が植えられ、本丸跡から見られる那須・日光連山と桜のコラボレーションがとくに見事なお花見が楽しめます。例年4月の上旬から2週間「芭蕉の里くろばね桜祭り」が行われています。

ちなみに「芭蕉の里」というのは、黒羽は松尾芭蕉が奥の細道の中で一番長く滞在したことから様々な芭蕉の足跡が残っていることからそう言われています。黒羽城址公園内にも『芭蕉の館』という資料館などがあります。

「芭蕉の里くろばね桜祭り」の期間中は、ライトアップが行われ夜桜も楽しめます。さらに桜の見所といえるのが、本丸内のソメイヨシノと芭蕉の広場のシダレザクラですので、お見逃しなく。

また、黒羽城址公園は約6000株植えられている紫陽花が有名で、多くの観光客が訪れます。
公園内が季節によって桜から紫陽花へと色彩が変わっていく姿を見比べてみるのも面白いでしょう。

もよりの駅からは、JR那須塩原駅からバスで約25分のところにあります。
駐車場は約50台停めることが出来ます。

公式サイト 大田原市観光協会

黒羽城址公園の桜01 黒羽城址公園の桜02 黒羽城址公園の桜03
黒羽城址公園の桜04 黒羽城址公園の桜05 黒羽城址公園の桜06
お問い合わせ先